データ復旧はデータ復旧率100%の情報工学研究所 会社概要 お問い合わせ方法 東京オフィス・大阪オフィス・名古屋オフィス・福岡オフィス・筑波オフィス
フリーダイアル0120-838-831
データ復旧の流れ会社概要データ復旧費用お問い合わせ方法お客様の声
データ復旧の情報工学研究所トップ
データ復旧の流れ
データ復旧の費用
お問い合わせ
会社概要
情報セキュリティー
 
診断完全無料
 
出張初期診断無料
 
情報工学研究所の特徴(PDF版)
 
私たちはチームマイナス6%
 
HOME > 機密保持・情報セキュリティー
 ・機密保持契約書の内容
 ・個人情報保護方針
 ・特定商取引の表示
 
 
* 以下の書式はは弊社でご用意している機密保持契約書ですが、お客様ご指定の書式がある場合には対応が可能です、担当者までお申し付けください。
 

機密保持に関する覚書

 

委託者                   (以下、甲といいます)と

受託者 株式会社情報工学研究所(以下、乙といいます)とは、

平成  年  月  日に委託したデータ復旧業務(以下、委託業務といいます)

に基づき、以下の条項により機密保持に関する覚書を締結します。

(目的)

第1条 本覚書は、乙が委託業務の履行に伴い知り得た甲の機密情報を守秘するために締結され、乙の機密保持義務の履行手続等を定めることを目的とします。

(機密の定義)

第2条 乙が機密保持義務を負う機密情報とは、乙が委託業務の履行にあたり知りえた甲の業務上の機密(顧客情報、社員情報、データ、コンテンツ)をいいます。ただし、次の各号の情報は機密情報には該当しません。                          

 @ 甲が乙に書面により公表することを承諾した情報

 A 乙が独自に開発したコンピュータ利用、データ処理についての技術情報

 B 乙が機密保持義務を負うことなく正当な第三者から適法に入手した情報

 C 委託業務の着手前に乙が既に入手していた情報

2 前項の規定にかかわらず甲が乙に預託した個人情報保護法に規定する個人情報は機密情報とします。

(禁止事項)

第3条 乙は、前項に定める機密情報を機密に保持するために次の各号に掲げる行為をしてはなりません。                                

 @ 委託業務を甲の書面による承諾をなしに第三者に再預託すること。

 A 機密情報を甲の書面による承諾なしに委託業務を履行する以外の目的に使用すること。

 B 機密情報を甲の書面による承諾なしに所定の場所より搬出すること。

 C 機密情報を甲の承諾なしに委託業務を履行する以外の目的で複製すること。

 D 機密情報を甲の書面による承諾なしに委託業務終了後も記録、保存、保管すること。

(保管場所)

第4条 乙は、機密情報を記録した書面、データその他物件(以下、合わせて物件といいます)を甲もしくは乙の従業員だけが立ち入ることのできる場所に設置された施錠のできる保管施設(以下、合わせて保管場所といいます)に保管しなければなりません。

(従業員教育)                            

第5条 乙は、乙の担当者に対して本契約に定める事項を十分に説明し、機密情報の保持についての教育を徹底しなければなりません。

(機密情報の返還)

第6条 乙は、個別契約に基づく作業が終了した場合、甲から提供を受けた物件をすべて返却しなければなりません。

(損害賠償)

第7条 委託業務の履行にあたり、乙及び乙の担当者がその責に帰すべき事由により、本覚書に反し、甲に損害を与えた場合は、乙は甲が被った損害を賠償するものとし、甲乙協議のうえ、誠意をもってその解決にあたるものとします。

(協議事項)

第8条 本契約に定めのない事項又は解釈上の疑義については、甲、乙双方とも信義誠実の原則により協議を行うものとします。

 以上、本契約の成立を証して、本書2通を作成し甲乙各1通を保有します。

 

  平成  年  月  日

                 甲                        

 

 

乙 千葉県千葉市若葉区若松町531-361

株式会社情報工学研究所

代表取締役 小原 大介

 

 
 
株式会社情報工学研究所 個人情報保護方針
 
情報工学研究所は、社会における個人情報の重要性を広く認識して、以下の会社方針に基づき個人情報の保護に努めます。
 
方針
 1.個人情報保護のコンプライアンスプログラムの策定と継続的な改善
 
スタッフ一同、個人情報の重要性を認識して、個人情報を適切に穂具するための個人情報保護のコンプライアンスプログラム、及びそれに付随する事柄を社内規則として作成して、実施しております。
また、このプログラムは随時見直しを行い社会や、お客様の大切な情報を守るために、改善を行っております。
 

 2.情報工学研究所個人情報保護規定の遵守

 
情報工学研究所は、個人情報保護規定及びその他の規則に従い、各作業部門の業務内容及び規模を考慮した適切な個人情報保護のための管理体制を確立し、個人情報を適切に収集、利用するとともにご本人への個人情報の開示や訂正をご本人のご依頼の基に適切な対応を行います。
 
 3.個人情報の正確性・安全性の確保
 
情報工学研究所は個人情報の正確性、及び安全性を確保するため、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう勤めるとともに、情報通信技術及び管理組織体制の両面から合理的な安全対策を講じて、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失破壊、改ざん、漏洩などの防振に勤めます。
 
 4.個人情報保護に関する法令及びその他の規範遵守
 
情報工学研究所では、個人情報の保護に関する法令の規定及び行政機関そのたに定めた規範、ガイドラインを遵守します。
 
2003年3月
株式会社情報工学研究所
代表取締役社長
小原大介
 
 
 
特定商取引の表示
株式会社 情報工学研究所
http://www.117-web.com/
代表取締役社長 小原大介
千葉県千葉市若葉区若松町531-375
information@117-web.com
フリーダイアル:0120-838-831
データ復旧(サーバ・RAID・NAS・パソコン・外付けハードディスク等)
お電話ホームページ・メール・にてお受けいたします。受付終了後に宅急便などで弊社にお送りいただきます。
故障・障害のおきたパソコン・ハードディスクを弊社に送る送料
銀行振り込み手数料
代金引換時にカード払いされた場合、カード決済手数料
消費税 、 以上

復旧作業終了後に郵送でご返送いたします。お支払い方法を事前に取り決めている場合はその方法に準じます。

現金払い
銀行振り込み
代金引換:現金払い
代金引換:クレジットカード(回数指定が可能)
代金引換:デビットカード
納品メディアの返品
納品メディアないの復旧データは10日以内にご確認ください。納品メディアの返品は一切お受けしません。万一納品メディアに不良品があった場合は、商品到着後10日以内に弊社にご連絡のうえご返送してください。配送業者又は、お客様のお取り扱いミスによる破損や不良の場合は対応できかねます。
復旧データの保管期間は一ケ月間保管いたします。一ケ月経過後に復旧データは完全に消去いたします。保障期間を過ぎた復旧データの不具合やクレーム等は一切お受けいたしません。
お預かりの機器又はメディアのご返却時期は納品データの検証確認の連絡を受付後、又はキャンセル受付後2日〜2週間以内を要しますのであらかじめご了承ください。
詳しくは弊社ホームページの「個人情報保護」をご覧ください。
所在地 〒264-0021 千葉県千葉市若葉区若松町
電話 043-422-4240 フリーダイアル 0120-838-831
e-mail information@117-web.com
営業時間 24時間 受け付け